暮らし一覧

妻がカラスに襲われた!?

毎朝、北海道ローカルのラジオ番組を聞いて起きることが長年の日課になっています。札幌時計台の鐘の音の時報が中継されるんですが、そのときがわかっているのか??タイミングよく?カラスの鳴き声が入るときがあるのです(^^)/ おー!朝からカラスが元気だ!今日は燃えるごみの収集日、俺の大事な役目だとベッドの中で一人つぶやいています(笑) ゴミ収集日はカラスの活躍日?!生ごみをあさりにカラスたちが駆けつけます。コチラも防戦で、ゴミの置き方を工夫して対抗します。

記事を読む

ストーブとボイラーの総点検をお願いしたところ・・・

早いもので7月に入りましたが、札幌はなかなか気温が安定しません。それでも、さすがに朝晩のストーブの出番はなくなりました。しかし、この冬は我が家の石油ストーブの調子が今ひとつでした。数回点火するうちの1回は「エラー表示」が出ます。タイマー点火の仕組みもあるのですが、寝ている間にエラー表示が出るのが怖くて使ったことがありません。そろそろ「オーバーホール」の時期がきたようです。

記事を読む

支払いは、市中銀行派?ゆうちょ銀行派?

リタイア後の収入は唯一、「年金」だけに頼る生活になりました(^^)/ 私は、妻アンの言いつけで2カ月に一度の「年金支給日」がくると銀行に行って通帳に記帳して確認します。また、金融機関での「支払い関係」も私の役目!そうです、パシリです(笑)親分さん(妻アン)の言うことには何でもハイ!ハイ!です(笑)昨年からは、私の両親が入院したり、介護施設のお世話になったりするたびに、目まぐるしく、いろんな支払い関係も発生しました

記事を読む

近所の奥さんが、ついに人工関節に!

現役時代は気にもしてなかった、脚力の衰えですが、リタイア後は「ウォーキング」で少しでも足の衰えを防ごうと日課のように外に出ています。体の衰えは「足」からくるといわれますね。ご近所にも年配のご夫婦がたくさんいらっしゃいます。私もリタイアして家に居ることが多くなると、人生の先輩の姿を目にすることが増えました。そして、その方たちの「最近の変化」も・・・

記事を読む

何事も段取り次第!人生も段取りが大事!

今日も午前中、妻アンは「お昼までには帰るからね~」と言い残して、グループホームにいる父親の顏を見に出掛けました。妻のいなくなった台所を見ると、今日の「お昼ご飯の材料の準備」が既にしてあります。帰ってきたらすぐに、昼食作りに取り掛かれるようにという段取りです。妻は、私と違い、何事にも「段取り」がいい人間なんです(笑)

記事を読む

【老後の不足額2000万円騒動】で必ず起こることとは?

最近のテレビのワイドショーや新聞のコラムなどでは、「高齢夫婦は老後の30年間の貯えとして2000万円が必要」だと試算した、金融庁・金融審議会の報告書が発表されて以来、物議をかもしています。折から7月の参院選挙も控え、与野党の攻防が激しくなり、選挙の大きな争点になりそうな気配です。

記事を読む

【レジ袋の無償配布を禁止?】有料化で何が問題?

先日の新聞記事で、環境大臣からコンビニやスーパー、百貨店などでの「レジ袋の無料配布」を、一律に禁じる法令を制定する方針が示された、と報道されました。「海洋汚染」につながる「プラスチックごみ(プラごみ)の排出を抑制」するためだということです。レジ袋を1枚数円~10円程度で販売!その「収益」を、地域の緑化や、海洋プラごみ問題の「環境対策」にあてるのだそうです。

記事を読む

【虎の子の退職金】には手を付けたくない

夫が退職後(待ち構えていたように?)、各金融機関から「退職金運用の勉強会」に参加しませんかという「勧誘電話」が続きました。そのたびに、丁重にお断りするにも関わらず、ピンポン、ピンポンと玄関チャイムを鳴らし「アポなし訪問」して来る銀行さんには、正直、へきえきとしたものです。

記事を読む

【資産寿命を伸ばす?】これってなに?

先日、金融庁の審議会が「人生100年時代」の超高齢化社会に備えるために、「現役時代から資産形成に努めることが必要」だという報告書の新聞記事が目に留まりました。報告書が訴えることは「夫65歳以上、妻60歳以上の無職世帯では、家計は毎月平均5万円の赤字」が生じているとしています。今後の人生があと20年だとすると1300万円、30年だと2000万円を年金以外の収入で補わなければならないということをいってます。

記事を読む

【使い古した枕】を捨てたいけど、ポリエステル製は何ゴミ?

私たち夫婦は、家の中に物が少なくスッキリしているのが好きです(^^) よそのお宅を訪問するテレビ番組などで、リビングやキッチンが片付けられてなく、汚部屋状態?になっていると、顔を見合わせ「ダメだ!こりゃ!」となります。特に「断捨離」している訳ではありませんが、不用な物は、なるべく置いておきたくないものです。

記事を読む