妻の居場所、夫の居場所、夫婦の居場所

夫のマシュウです。

定年退職して、私は行くところがなくなり、基本、一日中、家にいます。

おひとり様時間も必要ですが、

一人の「居場所」も必要です。

妻の居場所

妻は「専業主婦」ですので、この家が、文字通り「ホーム」です。

実質、この家を切り盛りしています。

私が退職しても、妻は現役です。

そうすると、私はアウエイ?(笑)

私が退職したあと、妻の「ぼやき」が聞こえてきます。

食卓テーブルを前にして、

妻「お昼は、自分ひとりだったら、ここで新聞読みながらご飯も簡単に食べられるのに・・・」

と、生活の変化をぼやきます。

そうなんです。

妻は食卓テーブルで新聞を広げ、ご飯やおやつをほおばるのが好きなのでした。

それが、いまや好き勝手できないストレス!

妻「あなたは、お昼だよ!って呼べば来るだけなんだから・・・いいよネ・・・」

という皮肉が返ってきます(>_<)

妻の居場所、もうひとつ!

リビングのお気に入りのソファーです。

お昼を食べると、なぜか??眠くなるそうで・・・(笑)

私が会社勤めで家にいないときは、お昼寝タイム?をとっていたようですが、

今は、私がいるため?なかなか出来ないようで・・・(笑)

夫の居場所

定年後、早速、私の居場所確保のために、それまでも一応自分の部屋としていた

壁一面、本棚の部屋に、新たに、机といすを買ってもらい設置しました。

そして、自分用のパソコンも買ってもらい、

なんだか、現役時代の生活に未練があるような、ないような・・・

いわく、「執務室」と言っています(影の声➡奥さんから逃げる駆け込み寺ともいうらしい)

朝の自分に割り当てられた家事仕事がひと段落すると、「執務室」に駆け込みます。

そう、自分ひとりの時間を過ごすために・・・

妻は「部屋に、おこもりして?何やってるのかな・・・?」

と言いますが、いろいろ机の上に資料を広げては、執務してます!?(^^);

夫婦の居場所

晩ご飯を食べたあとは、夫婦二人でテレビ鑑賞です。

と言っても、以前お話したことのある「水戸黄門」の再(再?)放送を見ることです。

お茶菓子をつまみに、いわゆる「カウチポテト」というやつです。

ホントに「ポテチ」にハマった時もあります。

(歌舞伎の松本白鴎さんがテレビで以前、堅あげポテトにハマったことを知り、我が家も!)

こうして二人の時間が過ぎて・・・

妻「あなた、いつまで起きてるの!!早く寝なさい!!」と二階の寝室から呼ばれます。

うつら、うつら、しているところを起こされて、

夫婦の一番なが~く一緒にいる場所、寝室に向かいます。

こうして、それぞれの居場所(なわばり?)を尊重して棲み分けて?います(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする