断捨離できない遠距離恋愛中の「ラブレター」

妻のアンです。

断捨離しようと思っても、なかなか処分できないモノってありますね~。

段ボールの中身は?

納戸にある「大事な段ボール箱」には、夫と私が交わしたラブレター♡が眠っています。

結婚するまでの約6年間、遠距離恋愛中のふたりをつないだ大切な手紙です♡

夫のいない時に、ちょっと読んでみました(^^♪

照れちゃいます💛

うわ~~~~!!!

よく、こんな事、書けたわ~~と、思わず、うろたえてしまいました(笑)

中身をお見せ出来ず残念ですが、あの頃は若かったんですね~。

アナタガ イナイト サビシイ、、、ハヤク アイタイなどと

綿々と夫への想いを綴っておりました(^^);(穴があったら入ります)

でもホントに好きだったんです(笑)

もちろん、今もですけど????????👈はてな多すぎ(笑)

どうする?

ふたりの歴史遺産?ですから、捨ててしまうのは忍びないのですが・・・

一応、夫に「このラブレター、どうする?」と尋ねてみました。

すると「好きにしていいよ~」の返事が。

そうか~・・・では、私が考えることにしましょうか・・・

これはほんの一部なんです♡

決めた!

で・・・辿り着いたラブレターの行き先は・・・決してゴミ箱ではありません。

それは・・・

夫が旅立つときに、○つぎの中に私からのラブレターを忍ばせ・・・

私も○つぎの中に夫からのラブレターを・・・と、エンディングノートに書いておきました。

子供よ、よろしく頼むね!

だけど、その前に、見られたら恥ずかしいから、しっかり「封」をしておくよ!(笑)

断捨離・・・捨てられないもの

今までに、不要なものを随分と処分してきましたが、

やはり「捨てられないモノ」ってありますね。

例えば、子供が初めて履いた「ちっちゃな靴」や「洋服」「絵」などを整理しようとして

手に取るものの、当時の思い出が波のように押し寄せて、時には胸がいっぱいになるんですもの。

「こりゃ、断捨離、無理だわ~」となる訳で、またしまい込むんです(>_<)

そういえば、以前、俳優の高橋英樹さんが、友人に感化されて

断捨離にハマりにハマったというテレビ番組を観ました。

彼は、家具、家電、衣類、美術品など、ありとあらゆるものを

とにかく捨てる!捨てる!を繰り返し、

気がついたら、必要なものまで捨ててしまい、結局、困って、

また買ってしまい、これじゃ「もとの木阿弥」だと苦笑されていました。

私も、夢中になると、周りに目がいかなくなるタイプの人間で、

高橋さんのこと、決して笑えませんでした。

断捨離も気をつけて進めなくては!

これが教訓ですね。

そして、「お金では決して買えない大切なモノ」は、

焦って、片づけしなくていいと思えるようになりました(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする