年金が【先細り】する?

先日の新聞で、厚生労働省から、公的年金の財政が健全かどうかを5年に一度チェックする「財政検証結果」の公表があり、年金が30年後には2割目減りするとの結果にあらためて年金財政の厳しさが浮き彫りになりました。

記事を読む

地震から1年!不死鳥のようによみがえった!

昨年の北海道を襲った地震から1年が経ちました。地震の爪跡は厚真などに甚大な被害をもたらし、被災者の方々の生活が一変!いまだに復興の道半ばにあります。直接の被害がなくても、全道停電という未曽有の二次被害も引き起こし、地震の影響は各方面に及んでしまいました。ちょうど1年前の土曜日9月8日のことです。「札響名曲シリーズ」のコンサートが予定されていました。

記事を読む

妻がつぶやいた・・・「私、大丈夫かな?」

歳をとると「物忘れ」がひどくなるというのですが、どうも最近は歳のせいだけなのか?ボケてきたのか?その境目がわからなくなることが起こります。私のことだろうって?(笑) いえいえ、私もそうですが、実は妻にその「兆候」が見られるのですよ。

記事を読む

義父の【葬祭費】が支給されました。

身近な人が亡くなると、葬儀費用を含め、お金がどんどん出ていきます。そのため、経済的な不安を抱くものですが、出ていくばかりではなく、実は【受け取ることができるもの】もあるのです。その一つに、国民健康保険などの公的保険に加入していた時は、葬儀後に自治体の窓口で手続きをすることによって、葬儀費用の給付金制度という仕組みがあり、葬祭費・埋葬料が葬儀費用の一部として支給されるのです。

記事を読む

実家の母親から言われた【ひと言】にショック😭

先日、久しぶりに私の両親に会った時に、母親から言われた「ひと言」にショックを受けました。他でもないんだけど・・・と切り出したことは「お金」に関わることでした。

記事を読む

ギョッ!アテにしていた退職金がこんなに少なかったとは!

定年を迎えたサラリーマン家庭にとって「退職金の存在」はとても大きなものですね。それがあるか、ないかでは、その後の暮らしぶりも変わってくることでしょう。私も、夫の退職が近づいてきたある日、捕らぬ狸の皮算用?がフツフツ湧いてきて(笑)「パパ、退職金て、いったいのくらいもらえるの?」と尋ねたことがあります。その結果、定年を待たずして、家の大掛かりなリフォームに取り掛かりました。それは、夫の退職金を「アテ」に出来たからこそです。

記事を読む

田舎の両親は元気を回復していた!

先日、田舎町の特別養護老人ホーム(特養)で暮らす両親の面会に行って来ました。今夏は、義父の葬儀などがあり、妻の心身が癒されるのを待ってから、お盆の時期を外しての帰省となりました。あらかじめ、訪問する数日前に特養の職員さんに面会の日程をお知らせして、持参するものがあれば連絡をいただくことにしておきました。

記事を読む

運転中の【ながらスマホ】の処罰が厳しくなるって?

リタイア生活も2年が過ぎました。毎朝、時間がたっぷりあるので(笑)、テレビを観ながらの朝食!頻繁にチャンネルを代えながら各局の「情報番組」を観ることにしています。そうそう、テレビのチャンネルを頻繁に変えることをなんと呼ぶのでしょうか?ネットサーフィンならぬ、チャンネルサーフィン?いえ、テレビの場合はザッピングというようです。

記事を読む

言い間違いにビックリ!自分にも苦い経験が💦

我が家では、毎朝、妻が起床時間の管理を担当しています。その妻は、目覚まし時計のアラームのスイッチを消すのと同時に、ラジオのスイッチを入れ、朝の情報番組にチャンネルを合わせます。まだボーっとしている中、耳から入るお知らせや、音楽を聴きながらしっかり?目が覚めるのを待ちます(^^)/

記事を読む

亡くなった義父の保険料の【払い戻し通知書】が届いた

義父が亡くなったことで、速やかに市役所の窓口に届け出なければならない手続きの一つに、それまで加入していた「後期高齢者医療保険」と「介護保険」の資格喪失に関する届出手続きがありました。

記事を読む